ネットビジネスで気をつけなくてはいけない特商法

NO IMAGE

昨今、ネットを使ってさまざまなことができるようになりました。そのなかでも特に注目したいのが、ネットショッピングなどにおけるビジネスです。

最近では、個人で商品を取り扱って、販売されている人もいたり、元々実店舗でお店を開いている人などが、もっと顧客を増やす為にと、ネットでの販売方法を取り組まれているというのも少なくはありません。

しかし、このネットでのショッピングを行う際には、特商法をしっかりと理解しておかなくては、ビジネスの継続が危ぶまれるということをご存知ではないかたも多く、無意識下のなかで特商法を守らずに販売を行ってトラブルを招いてしまうケースもあります。

特商法は、元々は消費者のことを守る法律ではあるものの、それを理解していないがゆえに出店が危ぶまれてしまうことがありますので注意が必要です。

ネットショッピングでは、消費者の顔が見えませんし、直接商品の説明を行ったり、値段についてを伝えることが困難であるため、双方の勘違いが起こりやすいことから、この勘違いなどが発生しないためにきちんと記載をするということが、特商法の簡単なルールであると考えると分かりやすいです。

例えば、商品の値段が税込みの価格であるのか、送料がどれくらいかかるのかなどを、消費者が理解した上で購入することが出来るように記載をしておかなくてはならない、定期購買の場合には、消費者がその旨を理解したうえで購入に進むことができるように、購入ボタンを押したら、定期購買であることをもう一度表記するなどの、誰が見てもわかる表記の方法を取り入れなくてはいけないと、法律で決められています。

もしも、定期購買のお客を増やしたいからと言って、消費者が定期だと分からないような方法で購入をさせてしまった場合には、解約などを強いられてしまったり、訴えられてしまう可能性もありますので、消費者がわかる記載をしておく必要性があります。

また、商品がいつ届くのか、支払い方法はどのようなものがあるのかも記載しておくことを求められてます。
購入したあとにカード払いができないことを知らなかった、代引きであることを知らなかったということがないように、消費者の気持ちになって表記することが大切です。

この特商法を守ってネットショッピングを取り入れることは、お客さんのことを守るだけではなく、理不尽なクレームから店側を守ることに繋がっていますので、しっかりと取り入れることが必要です。